禁酒・断酒

断酒をする際「もう一生お酒を飲めないんだ」という考え方はやめよう

更新日:

 

 

これから、お酒をやめようと思っている方の中には、「これから先の人生で、一滴も飲まないんだ!」と強い決心をしている方もいると思います。

私も、お酒をやめようと思った時に、「この先の人生で、お酒なんか絶対飲まないぞ!」と思っていました。

この考えを貫き通して、断酒を継続している方も、もちろんいます。

ですが、途中で心が折れ、挫折してしまう方が多いですね。

断酒ということは、文字通りお酒を断つわけですが、お酒が大好きで、毎日のように飲んでいたという人が、実際にやめて見ると一ヵ月でも大変だと思います。

ちょっと考えを少し変えてあげれば、気持ちが楽になりますよ。

「一生この先お酒をやめ続ける」と思うのではなく「今日1日はやめよう」「明日もやめよう」の積み重ねをしていったら、気が付くと一週間、一ヵ月、一年とやめ続けることができるでしょう。

なぜ、そう考えれば気持ちが楽になるのかを、まとめてみました。

 

 

一生お酒を飲めないんだ、という考え方

 

「もうお酒を一生飲まないぞ!」や「一生お酒を飲めないんだ」という考えでやめている場合、断酒をし続け一生を終えて、やっと目標が達成される、ということですよね。

こんな大変な目標は、達成する前に挫折して当然ではないですか?

人それぞれなので、これぐらい自分に気合を入れないと、ダメなんだ。という方もいると思いますが、とても大変ということには、違いないです。

先ほども少し書きましたが、お酒が好きで、毎日飲んでいた方が、一ヵ月やめるのでさえ大変です。

アルコール依存症の方なら、離脱症状が出る場合もありますし、「本当にやめることができるのか?」という不安もあるでしょう。

そんな状態で、これから先の人生の事なんて、考えてる余裕なんてありませんし、「お酒が飲めない人生なんて無理だ」とまたお酒を飲んでしまう、なんてこともあります。

そうなってしまえば、せっかく断酒しようと頑張った何日間が、無駄になってしまいます。

それほど、断酒をすることは難しいんですね。

 

病院に行ったり、断酒会に行ったり、カウンセリングを受けたり、本やネットで調べると、必ず1日1日の断酒が大切です。と言われたり書いてあったりします。

私は、本当にその通りだと思います。

 

今日1日お酒を飲めないんだ、という考え方

 

「今日1日だけは、お酒をやめよう」や「明日もやめよう」という考えにするだけで、目標がかなり現実的になりませんか?

というか、お酒を飲まないで、布団に潜り込んでしまえば、目標達成ですよね。達成した自分を、心の中で褒めてあげたり、カレンダーに書き込んだり、日記に書いたりと、あなたなりの表現でべた褒めしてあげてください。

自分で自分をほめながら、一歩ずつ前に進むだけでいいのです。

マラソンで言う電柱理論ですね。あの電柱までは、歩かないで走ろう。三本目のあの電柱までは頑張ろう。この考え方が、断酒に合っています。

1日1日やめるだけで、「気が付いたら、もうこんなにやめているんだ」と思える日が、必ず来ます。

私もそうです。私は、1年前にお酒をやめています。やめる前は缶酎ハイを500ml×5本を毎日飲み、それでも足りない日は、焼酎やウイスキーを飲むという生活を長年していました。

結局体を壊し、お酒をやめなくてはいけなかったのですが、なかなかやめることができずに、何度も挫折しています。

最後にお酒を飲んだ日からは、もう1年以上経っているのですが、やっぱり今でも1日1日の積み重ねという考えですね。

特に、最初の一ヵ月ぐらいはこの考え方が、重要になります。

 

まとめ

 

お酒をやめることによって、見たくもない位に、嫌いになってくれれば楽なのですが、なかなかそうもいかないですよね。

好きな物をやめるというのは、人間にとって、とても大変なことです。

その大変なことを、しているわけですから、とても遠い目標を作っても、達成できません。

目標を手の届く範囲に、設定して達成しながら、毎日を送っていくと、少しは楽になるんではないでしょうか。

私も、断酒を続けています。あなたも一緒に断酒をしませんか?

 

-禁酒・断酒
-,

Copyright© ゆとりが三代目 , 2019 All Rights Reserved.