禁酒・断酒

アルコール依存症になるとお酒ありきで物事を考えてしまう癖ができる

更新日:

 

 

お酒が大好きな方なら、晩ご飯のメニューを決める際、この料理はこのお酒に合うなとか、考えたりしませんか?

和食なら日本酒だったり、イタリアンやフランス料理ならワイン、といった感じに考えますよね。

おいしいお酒がそろったレストランを探したり、お家で食べる場合は、食材の買い出しも楽しくなります。

お酒を、健康的にたしなんでいる方は、なんの問題ありません。

 

ですが、アルコールに依存してしまっている方は、少し注意が必要です。

アルコール依存症になると、どんどん日常生活にまでお酒が入り込んでくるんですね。

料理に合うという事を通り越して、色んな事にお酒を当てはめてしまうようになってしまうんです。

この記事では、アルコール依存症者の、お酒に対する考え方や癖などをお伝えし、そしてどう対処をしていけばいいのかをまとめています。

 

アルコール依存症者の考え方

 

アルコール依存症者は、お酒を第一に考えて行動しています。

 

アルコールを、きちんとコントロールすることの出来る方(健常者)は、食事をおいしく食べたいので、このお酒飲むという考えですよね。

しかし、アルコール依存症者は、お酒をコントロールすることができませんので、食事をおいしく食べたいという考えは、二番目で、一番はお酒を飲むことを考えています。

趣味でも、お酒を飲んで釣りをしたり、ゴルフをしたり。

特に、主婦や女性に多いのは、お酒を飲みながら、家事をしたり、料理を作るという方です。

少し前から、女性のアルコール依存症者が、かなり増えているんです。専業主婦だと、昼間からビール片手になんて方も多いみたいですね。

 

お酒が一番大事な物なので、人間関係もおかしくなってしまいます。

家族に、お酒を止められたとしましょう。

するとアルコール依存症者は、家族にばれないよう隠れて飲み始めます。見つかった時には、怒られたり、お酒を隠されてしまうので、「飲んでいない」と嘘をつくんですね。

何度も、何度もこの行動を繰り返します。次第に、家族関係が悪化したり、信頼なんかなくなりますよね。

最終的には仕事だったり、大事な約束事までも、後回しになってしまうんです。

 

なぜアルコールありきで考えてしまうのか

 

なぜお酒が一番という、思考回路ができてしまうかと言うと、脳が完全にお酒に支配されているからなんですね。

完全に物事の優先順位が、おかしくなってしまっている状態です。

毎日そんな状態で生活しているため、自分でも気づかないうちに、お酒ありきで物事を考えてしまうんですね。

楽しいことは、お酒を飲むともっと楽しくなる、つまらない事は、お酒を飲めば楽しくできる、イライラしたらお酒を飲む、悲しいことがあったらお酒を飲む。

飲む理由はいくらでもあるし、作ることもできます。

自分で意識していなくても、そんなことを考えてしまう、思考回路になってしまっているんですね。

この思考回路は、アルコールだけではなく、他の依存症にも当てはまります。

例えば、薬物もそうですね。

薬物を買う為に働いたり、薬物を許してくれる人と一緒にいたり、売ってくれる人と仲良くなったり、そんな事を考えるようになります。

過食おう吐でもそうですが、吐くためにたくさん食べ、吐きやすいように粘りのある物を、一緒に食べたりと、そのように考えてしまうんですね。

私は、趣味が音楽鑑賞で、大きなスピーカーが部屋にあり、その音をお酒を飲みながら聞くのが、大好きでした。

最終的には、音楽を聴くのがメインではなく、お酒を飲むためのBGM(音楽)になっていたんです。

その当時は、そんなことを考えもしていませんでしたが、今思い返すとお酒が一番で、音楽を聴くことが、二番になっていたなと思います。

 

どう対処すればいいのか

 

まず初めに、断酒をしてみましょう。

断酒をすることによって、始めて自分の生活が、いかにお酒に支配されていたか、気付くことができます。

気付くことができれば、楽しいことは、お酒を飲まなくても、楽しいんだということを、体にも気付かせる事ができるでしょう。

そうすれば、自然と考え方も変えることができます。

お酒なんか飲まなくても、趣味を楽しんだり、おいしい物を食べたりすることができるようになれば、断酒も継続します。

ただ、一週間や、一ヵ月ぐらいでは、この考え方を治すことはできません。

気長に自分と向き合ったり、断酒を続けないといけないんですね。しかし断酒を継続することは、一筋縄ではいかないことが多いです。

お酒を飲みたい衝動を、飲酒欲求というんですが、この飲酒欲求が曲者です。

お酒をやめ続けるためには、自分だけではなく、周りの方にも頼りながらしていくことが、一番効率がいいです。

下の記事は、やめ続けるための事をまとめています。よかったら読んでみてください。

・アルコール依存症の方がお酒をやめ続けるためには?

・お酒をやめるための方法

・断酒・禁酒生活1年!お酒をやめるメリットとは

他にもたくさんありますので、よければカテゴリーの禁酒・断酒をクリックしてくださいね。

 

まとめ

 

アルコール依存症になってしまうと、物事の優先順位がおかしくなります。

お酒がダントツで一番になり、他の大切なことが、二番や三番になってしまうんですね。

「何をするにもまずはお酒を飲む」という考えになってしまうんです。

この状態を抜け出すためには、断酒をすること、お酒を飲まなくても、楽しい事は楽しいんだ、ということに気付きましょう。

そうすれば、お酒の順位も下がるし、最終的には、やめることができます。私はそう信じています。

 

 

 

ゆとりが三代目 からのご連絡(お願い)

今、このブログでは、あなたの断酒体験や、お酒にまつわるエピソードを、お聞きしています。

語ってもいいよ、話してもいいよという方は、お問い合わせ、コメント欄にてご連絡ください。

色々な方の断酒体験や、お酒に関することを集めたいと思っています。本名は名乗らなくて大丈夫ですし、勝手にブログに載せるなんてことは致しません。

公開してもいいよ、という方がいらっしゃれば、このブログに匿名で載せて、公開することも可能です。

コメント欄に書き込んでいただくか、お問い合わせにて、ご連絡ください。よろしくお願いします。

-禁酒・断酒
-,

Copyright© ゆとりが三代目 , 2018 All Rights Reserved.