食虫植物

茨城県植物園の食虫植物展を見に行ってきた

更新日:

2018年8月4日~26日に、茨城県植物園にて開催されている、食虫植物展に行って来ました。

私は食虫植物が大好きで、家で栽培したりブログに育て方などをまとめていますが、食虫植物に関するイベントに、ほとんど行ったことがないのです。

毎年地元の茨城県にある、植物園で食虫植物展をやっているのは知っていました。

ですが、毎年気が付いたら終わっているんですね。

今年は絶対に行かなければ、と思い早速行ってみました。

どんな食虫植物があったのか、どんな展示の仕方だったのかなどを、お伝えします。

文章より、写真が圧倒的に多いので、さらっと見ていただけると思います。

 

茨城県植物園について

 

まず、茨城県植物園について簡単に説明しますね。

茨城県那珂市にある植物園で、昭和56年に開園しています。

大きな噴水があったり、熱帯植物館、色々な動物の形に剪定している植物造形園、カエデ園やバラ園、ボタン園、ツバキ園などがあります。

私も実際に行って歩いてきましたが、とても敷地が広く、かなりいい運動になりました。

詳しくは、茨城県植物園のホームページをご覧ください。

http://www.ibaraki-shokubutuen.jp/

 

季節の催し物

 

その中で、季節に合わせた催し物がたくさん行われています。

4月には、薔薇展やエビネ展、切り薔薇のプレゼントなどをやっていたり、6月には蘭やハーブ展、10月にはハロウィンに合わせた催し物や、12月にはクリスマスキャンドルナイトIN植物園、なんてことも行うみたいです。

そして8月には、私が行ってきた食虫植物展を行っています。

本当に、たくさんの催し物をやっているので、ぜひ一度行ってみてください。

こちらも詳しくは、茨城県植物園のホームページをご覧くださいね。

http://www.ibaraki-shokubutuen.jp/

 

熱帯植物館

 

広い敷地の中を、歩いているととても大きな建物が見えてきます。

この建物が、私の目当てでもある熱帯植物館です。

大きな温室へ続く道の脇には、バショウとバナナの木が植わっていました。

ですが、私にはバショウとバナナの違いが全く分かりませんし、説明を読んできましたが、残念ながらもう忘れてしまいました。

気になった方は、後でググってください。

熱帯植物館は、東南アジアの熱帯~亜熱帯の植物が240種類、約23000本植わっているらしいです。

すごい量ですね。

中は、畑地、沼地、ジャングル、丘陵地(きゅうりょうち)など色々なゾーンがありました。

大きなガジュマルの木や、ビカクシダなどの着生種、普段は観葉植物として見るものが、とても大きく見ていて飽きない物ばかりでした。

面白いと思ったのは、コショウの木やバニラの木など、普段は気にもしない物が、本当に植物の実でできているんだな、と感じたことですね。

植物好きの方、熱帯植物が好きな方は、ぜひ行ってみてください。

 

展示していた食虫植物たち

 

さて、ここまで植物園についての話でしたが、ここからが本題になります。

食虫植物展に、展示されていた植物たちを紹介しますね。

食虫植物が展示されている、部屋の真ん中に、ネペンテス(ウツボカズラ)以外の食虫植物が展示され、その周りをネペンテスが囲うように吊るされていました。

 

サラセニア

 

 

モウセンゴケ(ドロセラ)

 

 

セファロタス

 

なぜかタグが、カペンシスと書かれています。

間違えて刺してしまったんでしょうか。

 

ハエトリグサ(ディオネア)

 

 

ムシトリスミレ(ピンギキュラ)

 

 

ミミカキグサ(ウトリクアリラ)

 

 

ウツボカズラ(ネペンテス)

 

ここからは、ネペンテスの紹介です。

ネペンテスの品種名は、タグ通りに紹介していきますが、明らかに違う物、タグなしなどの物は修正しながら紹介します。

 

N.ベントリコーサ

今回の展示で、一番多かったのがこのベントリコーサでした。

狭い温室などで栽培していると、たまーに起こってしまう、補虫袋IN補虫袋

斑点系のベントリコーサで起こっていました。

N.ウィッチ

N.ダイエリアナ

この補虫袋は出来たばかりのようで、とてもきれいな襟をしていました。

N.トランカータ

残念ながら、あまりいい状態の補虫袋がありませんでした。

タグなしでしたが、 N.ベントリコーサ×トランカータ

こちらはとても大きく、綺麗な補虫袋でした。

N.ブルケイ

N.ミキスタ

N.ソレリー×フーケリアナ

まだまだ小さかったです。

下位袋だけでした。

N.ミキスタ×ベントラータ

古都シリーズです。

N.アグローコト

N.ファシールコト

N.ゾナールコト

 

まとめ

 

今回初めて茨城県植物園に行きました。

とても敷地が広く、植物もたくさん植わっていて、私はすごく楽しかったです。

私が行ったのは、8月6日(日)だったのですが、そこまで混雑している事もなく、というかむしろ食虫植物展をほぼ貸し切り状態で楽しめました。

お盆休みなどは分かりませんが、多少混雑しても、敷地が広いので分散すると思います。

 

食虫植物展に行ってきた感想としましては、ベントリコーサの量がすごいことと、意外と交配種が多かったなという印象でした。

残念に感じたことは、アンプラリア、ラフレシアナ、ビカルカラタ、などの原種が少ないのかな、と思ったくらいですね。

ですが、行ってよかったなと感じましたし、他の植物はすごくたくさんありますので、近くの方や茨城に来た方などはぜひ見に行って見たください。

 

写真はまだまだあるので、順次追加していこうと思ってます。

 

-食虫植物
-,

Copyright© ゆとりが三代目 , 2018 All Rights Reserved.