カーライフ

車内清掃の意外なコツ!

更新日:

 

 

洗車のついでに、車の中を掃除していますか?

車内って、意外と落ち着く所だったりしますよね。食べ物を食べたり飲んだりもしますし、女性ならお化粧を直したりお子様がいるご家庭や、ペットを乗せてお出かけなんてこともあります。

そうすると、気が付かないうちに結構汚れがたまっているんです。

私の車も気が付いたらこうなっていました。

 

 

でもガソリンスタンドや、カー用品店などに頼むと高かったりするんですよね、、、ということで自分で車内清掃をしてクリーニング代を浮かせましょう!

それでは、車内清掃の意外なコツをご紹介します。

 

用意するもの

 

まずは用意する物なんですが、どこの家庭にもあるいたって普通の物で十分です。

 

バケツ・拭くもの

バケツは何でもいいです。

拭くものは雑巾でもいいですが、ダッシュボードや液晶を拭くときなどにはマイクロファイバーや専用のクロスなどを使った方がいいです。

理由は液晶などを雑巾やハンドタオルで拭くと、糸くずやほこりがついてせっかく拭いたのに、結構見た目が悪くなります。

マイクロファイバーやクロス、液晶専用のシートなどを使うと綺麗になります。

 

掃除機

ハンディータイプのものがあれば一番いいですね。ノズルも長めのものがあったり細口の物があると便利です。

 

粘着ローラー・綿棒

これもあった方がいいです。特に綿棒は細かいところを掃除する際に便利です。

 

他にあったら便利なものは、カー用品店などに売っているシートを拭くための物があるといいです。特に革シートだったりすると水拭きより断然いいです。

 

一番初めにフロアマットを洗う

 

 

 

まず初めに始めるのはフロアマットを洗うことからです。

理由はフロアマットを洗ったら、完全に乾かしたいからです。乾く前に車内に入れてしまうと、雑菌が繁殖して匂いが出てしまいます。他の所をやっている間少しは乾いてくれると思います。

ですが完全に乾くまで車内に入れない方がいいですね。

 

フロアマットの洗い方

洗い方としては取れるものをすべて取り外でゴミを落とします。その後水と洗剤でごしごし洗ってください。

その後フロアマットの下を掃除します。

ここには砂利や落ち葉、レシートやお菓子、はたまた小銭が出てきたり大変ですが、掃除機や粘着ローラーで取り除いていきましょう。

 

天井から拭いていく

 

これは、お部屋の掃除と同じですね。上から順々に拭いていきましょう。

バケツに洗剤を少し入れ、水を多めに入れまぜます。タオルを固く絞って、天井を拭いていきます。

タバコを吸っている人などは、根気よくやってください。ヤニが結構取れますよ。

あまり強く拭くのではなく、程よい力で何度も拭いて汚れた面をなるべく使わず、新しい面を使うようにしてくださいね。

まんべんなく拭くことも大事です。適当に拭いてしまうと、まだらになってしまったりするので、せっかくですから綺麗に根気よく拭きましょう。

 

ダッシュボード・メーター類を拭く


 

ダッシュボード、メーター類、ハンドルと拭いていきましょう。

ここで、艶出し剤を使ってもいいんですが、一つ注意することがあります。

運転中に手を触れなくてはいけないハンドル、スイッチ類などを拭かないということです。理由は、種類にもよりますが、すごく滑るようになってしまう物もあるんですね。

ハンドルがツルツルだと、すごく危ないですよね。ハンドルを切らなくてはいけないときなどに、滑ってしまったら大変です。

ダッシュボードなどの保護のためにはとてもいいですが、手の触れるところはなるべくやめましょう。

 

エアコン吹き出し口を拭く

 

 

 

 

ここで綿棒の登場です。

エアコン吹き出し口を綿棒でこすっていきます。軽く濡らした方が汚れが取れやすくなります。

綿棒で少しずつ掃除をするのが面倒くさい!という人はウエットティッシュやキッチンペーパーのような濡らしても固いままの物を使います。

例で濡らしたキッチンペーパーを使いますが、四つ折りにし、その後三角になるよう折って拭くと楽です。

 

 

 

強度が足らないと思ったら、もう一回折るか先をねじって使ってみてください。

 

座席、ドアパネルを拭く

 

 

 

 

シートには布製の物と、革製の物があります。

どちらも最初に、掃除機と粘着ローラーでゴミを取り除きます。

その後に拭いていきましょう。

 

布シートの場合

固く絞ったハンドタオルや雑巾で拭いてください。びしょびしょの状態で拭いてしまうと雑菌が繁殖して匂いが出てしまいます。

飲み物や食べ物のシミがあるときは、トントン叩きながら拭くと取れてきます。あまり強くこすらず程よく拭いてください。

最後はしっかり乾燥させてくださいね。

 

革シートの場合

水拭きの場合は、固く絞ったハンドタオルや雑巾を軽くこすってください。ちゃんと拭きたいときは、市販の革シート用のウエットシートやクリームタイプなどの製品を使ってあげた方がいいです。

革シートの保護にもなりますので使った方がいいです。

もちろん後ろの席も拭いてくださいね。

 

 

 

ドアパネルを拭く

 

 

 

 

 

ドアパネルは手で掴む所だったり、足で蹴ってしまったりするので意外と汚れています。

ドアパネルにもプラスチックだったり、革だったりそれぞれ違いますが、水拭きの場合はやっぱり固く絞ったハンドタオルや雑巾で拭いてください。

艶出し剤を使うとよりきれいに見えますよ。

 

まとめ

 

これで一通り終わりましたね。色々端折った部分もありますが、すべてを書いてしまうときりがないので、今回はここまでとさせていただきます。

業者さんに頼めば完全に綺麗にしてくれますが、たまに自分でやると気持ちがいいですよね。

お金もそれほどかかりませんし、ぜひやってみてください。

・車内がきれいになったら洗車もしてみませんか?

 

 

-カーライフ
-, ,

Copyright© ゆとりが三代目 , 2018 All Rights Reserved.