DIY

DIY初心者のための基本的な7つ道具・工具

更新日:

これからDIYを始めようと考えている方や、DIY初心者の方に、まず初めの一歩として、絶対に必要な物7つをまとめてみました。

最初から電動工具を買うのではなく、一度やってみて楽しいなと思ったり、こんな物も作ってみたい、これから先もっと続けていけそうだなと思った時に、買っても遅くはないと思います。

 

DIYを始めようと考えている方、DIY初心者の方が、基本的に持っておいて損はないな、と思う道具・工具を7つ紹介しますね。

 

 

金属の加工や、電動工具を知りたい方は、下の記事をぜひ読んで下さい。

・DIYで金属を加工するための道具・工具6選

・DIYにあったら便利な電動工具5選

 

 

メジャー(スケール)


 

タジマ Gロック-19 5.5m 19mm幅 メートル目盛 GL19-55BL

 

メジャーは材料の寸法を測ったり、穴を開ける位置を出したりするときに使います。

100均の物ではなく、ホームセンターなどに売っている物を使った方がいいですね。

精度もしっかりしていますし、メジャーを伸ばした時に、途中で折れにくくなっている物があったりするので便利です。

幅広のタイプや、尺寸の物など色々な種類があるんですが、基本的にメートル目盛の物をおススメしています。

 

私の職業は建設業(鉄工所)なんですが、そこではスケールと呼んでいます。

メジャーは、一級と刻印されいている物は高いですが、DIYで使うものは、安くて短い物(2m~5.5m位)で十分ですよ。

 

 

さしがね


 

 

さしがねは、金属がL字になっている物差しのことを言います。

このさしがねは、寸法を測るのはもちろんのことですが、直角を出したり、鉛筆で印をまっすぐ書くときにとても重宝するんですね。

DIY初心者の方は、木材などをのこぎりで適当に切ってしまい、切り口が曲がってしまった、なんて失敗をしてしまうこともあるんです。

さしがねを当てて、鉛筆でまっすぐ印を付け、その線に沿って切れば直角になります。

ホームセンターなどに行くと、いろいろな種類がありますが、用途に合わせ小さい物や、大きい物を買ってみてください。

小物を作るときは小さい物、大きい物を作るときは、大きい物があると便利です。

 

水平器


 

シンワ測定 ブルーレベル マグネット付 300mm 76379

 

水平器は、文字通り水平を見る道具ですね。

この水平器があると、壁に何かを取り付けたい時に、斜めになってしまうなんてことを防ぐことができます。

DIYに慣れてきて、椅子やテーブル、本棚などを作ろうと思った時に、水平器や先ほども出たさしがねを使うと、直角や水平がでて精度が増します。

 

 

のこぎり


シルキー ゴムボーイ 万能目 240mm 121-24

 

のこぎりは、みなさんもご存じかと思いますし、木材を加工する時は必要ですね。

刃が取り換えられたり、折りたためるタイプ、小さいコンパクトなタイプなど、意外とたくさん種類があります。

引いて切る刃や、押して切る刃、両方で切る刃などもあるのでお好みでお選びください。

もしたくさんの木材を切れなくてはいけない場合は、ホームセンターで頼めばカットしてくれますので、それを利用したりするのも手ですね。

DIYに慣れてきて、これからも色んな物を作りたいと思ったら、電動の丸ノコなどを買うといいと思います。

高価な物なので、最初から買う必要はないと思いますよ。

 

 

下地探し


 

シンワ測定 下地センサー Super スーパー 78576

 

下地探しとは、家の壁などに手すりを付けたいとか、棚を付けたいなんて時に使います。

家の壁は、石膏ボードを使っている場合が多いです。しかし石膏ボードにネジ(ビス)を打ち込んでも、強い力で引っ張ると取れてしまうんですね。

なので石膏ボードの裏にある木材(下地)に、打ち込まないといけません。

そこでこの下地探しがあると、とても便利なんですね。

昔からある、針を刺して探すタイプや、センサー式の物もあります。

センサー式の物でも安いので、一つ買っておいた方がいいですよ。

 

金づち(ハンマー)


 

大五郎 ネイルハンマー 小 8oz (8オンス)

 

金づち(ハンマー)は、あった方が便利ですね。

釘を使うということは、今はほとんどないと思います。

木材で枠を組んだり、位置がずれたりしたら、軽く叩いて修正したり、何かを解体するときなんかもあると便利ですよ。

ついでにバールも用意しておくと、これもまた便利なんですね。

 

作業台


 

GREATTOOL ワークベンチバイス GTWB-300

 

作業台は上に材料を乗せ切ったり、加工をする時に重要な物です。

この作業台は何でもいいんです。例えば使わないテーブルや、傷がついてもいいテーブルでもいいんですよ。

なるべくなら、しっかりした物の方がいいですが、ホームセンターなどにも、比較的安い値段で売っています。

ペンキなどを、塗るときもあると便利なんですね。普段使っているテーブルなどを、汚さなくて済みます。

一つあれば作業がはかどりますよ。

DIYに慣れてきたら、自分で作業台を作ってしまう、というのもいいですね。

大きく軽い物などを作れたら、作業がしやすくなると思います。

 

 

最後に


初めから高価な電動工具を買うのもいいですが、実際にDIYを始めてみて、「やっぱり向いてないな」と思ってしまったり、「時間がなくてできないや」なんてなってしまうと、かなりもったいないですよね。

なのでDIY初めての方や、DIY初心者の方は、紹介したものを使って小物だったり、組み立て式の棚などを作ってみてください。

その後、本格的に始めようと思った時に、電動ドライバーなどを買ってみるのもいいですね。

上達してきて、自分で家具を作りたいと思ったら、電動工具が絶対必要になります。

その時が購入するベストなタイミングですよ。

 

 

-DIY
-, , ,

Copyright© ゆとりが三代目 , 2018 All Rights Reserved.