DIY・工具

【DIY】トタン波板を簡単に取り付ける方法

更新日:

 

DIYでトタン波板を付けたいと思った方に、どのような道具や工具が必要なのか、作業の仕方はどうすればいいかをご紹介します。

実験台として、実際にトタン波板を取り付けるのは、レースに使われる鳩の小屋です。

 

 

後ろに見える二つの建物もレース鳩の小屋です。

すごい数のレース鳩がいて、この鳩たちは北海道で放されて、茨城県まで帰ってくるそうです。

私は方向音痴で、地元の茨城県内でもカーナビがないと家まで帰れません。

鳩の方が頭が良いらしいです。

話がだいぶずれてしまいましたね。

私の本職は鉄骨屋で、この鳩小屋で言うと赤い鉄骨の部分と、階段の部分を作って納品しました。

そのついでに壁のべニア板と、屋根のトタン波板を付けてくれと言われ取り付けてきました。

それではトタン波板の取り付け方法をご紹介します。

 

トタン波板とは

 

 

 

トタン波板とは、昔からある波板で、薄い金属板です。

ホームセンターなどでカラートタン波板として安く売られています。

少し高くなりますが、ガルバリウム波板という物もあります。

こちらの方が強度や耐久性があるので、長く使うならこちらの方がおススメです。

最近は一般住宅の壁などに、波板とは違いますが、ガルバリウム合板を使う事が多いみたいですね。

 

 

必要な工具・道具

 

 

 

トタン波板

 

波板は屋根の寸法+重なり分を買わないといけません。

基本的に2.5山以上を重ねますので、余裕をもって買ってください。

寸法ギリギリで用意してしまうと足らなくなる可能性があります。

 

留め具

 

鉄下地用波板ビス5×25【32波用100本入】ポリカ・ガルバ波板等に使用 (クリアー(透明))

 

留め具は、下地や固定方法により変わります。

鉄下地の場合は、鉄下地用の波板ビスを使い、木の場合は木下地用をお使いください。

その他にもフックボルトや傘釘などあります。

ステンレス フックボルトセット PG付6X75 (10本入)

 

道具・工具

 

 

・メジャー(スケール)、さしがね

・インパクトドライバー、電動ドライバー

・水糸(なくても大丈夫)

・ポンチ、ハンマー(金づち)下穴をあける場合はいりません。

・脚立、はしご

・丸ノコ、かな切バサミ(波板用があれば楽です)

 

DIYに必要な道具・工具を詳しく知りたい方は下の記事をご覧ください。

・DIY初心者のための基本的な7つ道具・工具

・DIYにあったら便利な電動工具5選

・DIYで金属を加工をするための道具・工具6選

 

 

 

取り付け方法

 

 

 

まず初めに屋根の下地からどれぐらい出すのかを決めます。(軒先の出幅)

あまり出してしまうと、強い風が吹いた時にバタバタなったり、最悪剥がされてしまいます。

100mm以内がベストですね。

長い場合は丸ノコや、かな切りバサミでカットしてください。

取り付ける際は、最初の一枚で軒先の出幅や、直角を取りながら取り付けます。

二枚目からは軒先の出に合わせ止めていきます。

ビスは必ず、波板の山になっている部分に打ってください。

谷の部分に打ってしまうと、雨漏りを起こす原因になってしまいます。

トタン波板に下穴をあける場合は、ビスより2mm程度大きな穴を電動ドリルであけます。

下穴をあけない場合は、ビスで止める部分にポンチで軽く傷をつけると、滑ることなく取り付けることができます。

ビスを打つ間隔は、5山程度にしてください。

水糸があると、綺麗にまっすぐビスを打つことができますよ。

もし打ち損じてしまった場合は、コーキングなどで穴を埋めると雨漏りを防ぐことができます。

 

 

この鳩小屋の場合、屋根の下にべニア板が入っているため、軒先を長くとってあります。

この後鉄粉や、汚れを掃除して完成になります。

 

 

最後に

 

トタン波板を取り付ける方法を、お伝えしました。

私も本職ではないので、感覚としてはDIYの延長だと思っています。

なかなかこういう体験をしないので、楽しく作業することができました。

作業自体はとても簡単ですが、二人いるととてもスムーズにできると思います。

もちろん一人でも簡単にできると思いますよ。

くれぐれも怪我をしないよう、楽しく取り付けを行ってくださいね。

-DIY・工具
-, , ,

Copyright© ゆとりが三代目 , 2018 All Rights Reserved.