禁酒・断酒

断酒・禁酒生活1年!お酒をやめるメリットとは

更新日:

あなたは、一日にどれぐらいのお酒を飲みますか?

私がお酒を毎晩飲んでいる頃は、缶酎ハイ500ml×5本飲んでいました。

おいしく飲むというより、酔うために飲むという最悪な飲み方になっていたんです。

そんな毎日を過ごしていたんですが、27歳の頃に、どんどん体の調子が悪くなり、ついに医者から断酒、禁酒をしなさいと言われてしまいました。

そこで初めて断酒、禁酒を始めます。

ですが、3日目ぐらい経った頃あたりから、お酒をやめるのがこんなに大変なんだ、と思い知らされます。

何回か挫折し、飲んでしまうということもありました。

そのたびに後悔して、またやめようと頑張り、最後にお酒を飲んでからやっと1年経ちました。

1年断酒・禁酒してみて感じたことや、メリットをお伝えします。

詳しく記事にしている項目もあるので、そちらもぜひご覧ください。

 

体が軽い

 

毎日お酒を飲んでいる頃は、二日酔いではなくても体が重く、何だかだるいという状態でした。

お酒をやめて一週間ぐらい経ったときに、体が軽くなったような感じがし始め、とても楽になったのを覚えています。

その後、仕事も楽に出来るようになるし、疲れも取れやすくなり、肉体的にも精神的にも健康的になりますよ。

 

頭がよく回る

 

お酒を飲んでいた時は、何時もなんだか頭に霧がかかったような状態でした。

やめてからは、すっきりとして物事を、深く考えることができるようになりましたね。

頭がすっきりしていると、新しく物事を覚えたり、本を読んだりすることが楽になります。

私は、本を読む機会がかなり増えました。集中力も付いてきますね。

今までは、本なんか漫画ぐらいしか読まなかったのですが、お酒をやめてからは活字を読むことが楽しくなってきています。

 

頭に関することをまとめていますので、下の記事を読んでみてください。

・お酒(アルコール)をやめると頭が冴える

 

仕事のミスが減る

 

頭がよく回ると仕事のミスも減ります。

仕事中に、ボーっとしてしまったり、体がだるいのでやる気がでなかったり、なんてことがよくありました。

もう少しで仕事が終わる、なんていう場合はすでに頭の中は、お酒の事でいっぱいになっていたのかもしれません(笑)

そんな状態では、ミスも増えますよね。

お酒をやめてからは、かなり仕事中のミスも減り、「こうした方が効率よくなるな」などの発見も増えます。

仕事に関してはいいことだらけですね。

 

胃腸の調子が良い

 

お酒(アルコール)は、適量を飲むと、胃酸の分泌をうながしてくれたり、胃腸を活発にしてくれます。

しかし飲みすぎてしまうと、ただの刺激物になってしまうんです。

お酒をたくさん飲むと、胃腸にダメージを与えます。

私の場合は、吐き気と、下痢に悩まされていました。

喉が、焼けるような感じがしたり、すっぱい物が上がってきたり、していました。

病院で、逆流性食道炎という病気だということを言われて、薬を飲んだら改善しましたが、その後も飲み続けていたので、何回か再発しています。

お酒をやめた今は、全くそのような症状は出ていません。

胃がもたれたり、下痢をすることは、あまりなくなりました。

食べ物は、飲んでいるときも、おいしく食べていましたが、やめてからは味の薄い物でもおいしく感じるようになっています。

お酒のつまみに食べていたものは、味の濃く脂っこい物が多かったんですが、最近は素材本来の味に気が付けるようになりました。

味覚が鋭くなったような感じがします。

胃腸に関する詳しい事は、下の記事をご覧ください。

・酒をやめると胃腸の調子がグッとよくなる

 

お腹の脂肪が減る

 

お酒に合うつまみは、唐揚げ、餃子、肉系、揚げ物など高カロリーな物ばかりです。

本当の酒飲みは、つまみなんかいらないという人もいますが、今回は置いておきます。

胃腸の所でも書きましたが、お酒を飲んでいる頃は、味の濃い物や脂っこい物が大好きでした。そして、お腹いっぱい食べて、飲んだはずなのに、絞めでラーメンなんか食べてしまうんです。

こんな生活していたら、太って当たり前ですよね。

お酒をやめた今は、ご飯を食べに行くにしても、家で食べるにしても、暴飲暴食が全くなくなりました。

食べに行っても、飲まないので一人前をきちっと頼み、それ以上は食べません。私は、もともと少食なので十分なんです。

お酒を飲むと、食欲のストッパーが効かなくなっていたみたいです。

一年前より7キロ位痩せました。

 

ぐっすり眠れる

 

お酒を寝る前に飲む、いわゆる寝酒をしている方も多いと思います。

実際私も、お酒を飲まないと寝ることができなかったんです。

夜寝る前に、少し酔いが醒めてしまうと寝れないと思い、お酒を追加してから寝るという生活をしていました。

ですがお酒を飲んで寝ると、睡眠の質はかなり悪くなってしまいます。

詳しくは、下の記事をご覧ください。

・お酒を飲んで寝ると睡眠の質がすごく悪い

寝ているときに、何度もおしっこがしたくてトイレに行ったり、深い眠りに付くことができなかったりします。

朝起きても、全く疲れが取れていなかったり、逆に頭が痛かったり、二日酔いで最悪な一日の始まりを迎えている感じです。

 

お酒をやめて、一週間ぐらいは全く寝付けませんでした。

ですが、二週間ぐらい経った頃からは、ぐっすり眠ることができ、疲れの取れも全く変わりましたね。

私の中では、お酒がないと眠れないと思っていたんですが、今は普通に眠ることができます。

私にとって、お酒をやめた一番のメリットだと感じています。

 

時間を有効に使える

 

お酒を飲んで酔っ払っている時間は、楽しいと感じていました。

酔うこと自体が好きで、嫌なことから逃げることができたり、ストレス発散できていたと自分の中では感じています。

しかし実際は、ただ酔っぱらって何もしていない、無駄な時間なんですよね。

お酒をやめると、一番最初に感じることは「暇だな・・・」です。

いつもは酔っぱらって、勝手に時間が過ぎていきますが、素面だとこの時間が空きます。この時間を使って、本を読んだり、映画を見たり、音楽を聴いたり、趣味に使うと、かなり有効に使う事ができます。

詳しいことは下の記事をご覧ください。

禁酒・断酒は時間を有効に活用できる

私の場合は、このブログ『ゆとりが三代目』を運営し、記事を書くことが時間を有効に使う事の一つですね。

他にも車や、音楽、植物を育てる事が好きなので、そちらに時間を使っています。

お酒をやめてすぐの頃は、すごく暇で一日がとても長く感じていたんですが、今では一日があっという間に過ぎてしまい、やりたいことができないなと、感じている位です。

 

まとめ

 

飲み代を浮かすことができたり、まだまだお酒をやめるメリットはあります。

逆にデメリットってないですよね。お酒を毎日や、たくさん飲んでいた方がいきなりやめると、眠れなくなったり、暇ができ不安や、考え事が増えるというのはあるかもしれません。

なかなかいつもの習慣をやめるのも、一筋縄ではいかないと思います。

しかし、そのまま飲み続けると、体を壊してしまったり、依存症になってしまう場合もあります。

そうなると結局は、強制的にやめる事になるので、その手前の段階で飲まなくしたり、量を減らすなどした方がいいですよね。

お酒をやめるといきなり体の調子が良くなったり、仕事や、やりたいことがバリバリできる、ということはありませんが、長期的に考えるとやめてよかったなと思える日が来ます。

依存症や、体がボロボロになる前に、良かったら禁酒・断酒にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

-禁酒・断酒
-,

Copyright© ゆとりが三代目 , 2018 All Rights Reserved.